記事一覧

自宅で開業するか?賃貸の店舗を借りるか?

スポンサードリンク

治療院の開業スタイル


・治療院用の店舗を借りる
・自宅の敷地内に施術用スペースを設ける(新築orリフォーム)
・訪問施術のみで、治療院を作らない

よくある治療院の開業パターンは、この3つではないでしょうか。

それぞれ、メリット・デメリットを見てみましょう。


賃貸の店舗(テナント)


  • メリット・・・集客しやすい物件が選べる、プライベートと仕事が分けられる

  • デメリット・・・家賃の支払いが長期に渡る


賃貸の店舗は、物件によって、大がかりな外装・内装工事が必要な場合と、ほとんど手を加えなくていい場合があります。

物件によっては好きにリフォームしてもOKというオーナーもいますが、外装・内装工事に制限があるオーナーも多いと思います。契約前に、条件の確認が必要です。


アパート・マンションの一室を店舗にする


  • メリット・・・賃料が安い物件を選べる、費用を抑えられる、プライベートと仕事が分けられる

  • デメリット・・・家賃の支払いが長期に渡る、認知されにくい、入りづらい印象


テナント物件でなく、プライベートサロン的な感じで、アパートやマンションの一室を借りているケースもあります。女性の治療家に多いイメージです。外装・内装費は抑えられますが、目立たないので集客の面では工夫が必要です。

また、不特定多数の来客がある業種には貸してくれない場合もありますので、店舗として利用可能か、あらかじめ確認する必要があります。


自宅の一部を使っている治療院(新築)


  • メリット・・・家賃が不要、通勤費がかからない、時間に融通がきく、レイアウトが自由

  • デメリット・・・費用がかかる、、自宅外観を常にきれいにしておく必要がある

私の知り合いには、このタイプが多いです。
マイホームを考える時期と、開業する時期が、タイミング的に重なりやすいのだと思います。

いずれ家を建てようと思っているなら、治療院も一緒に作れば、店舗の家賃を払い続ける必要がなくて、一石二鳥ですからね。

自営業の住宅ローン

ただ、自営業の場合は、住宅ローンの審査が厳しいと言われています。私の知り合いも、なかなかローンに通らなかったとぼやいていました。最初の何年かは、経営が安定するまで貸店舗で営業して、その後、自宅兼治療院を新築という方が住宅ローンには通りやすいような気がします。

ハウスメーカーや工務店では、定期的に勉強会が開かれることがあって、家づくりについての知識や、住宅ローンがテーマになっています。折り込みチラシに、勉強会のお知らせが入っていることもあります。

また、店舗兼住宅についての注意点として、住宅ローンは、原則、住宅部分に対してのみとなっています。店舗部分はローンが組めないことになっています。ただ、面積比率が2分の1を超えていない場合は、店舗部分も住宅ローンに含めてOKとしている金融機関もあるようです。この辺の判断基準は、金融機関の判断によるので事前に確認・相談が必要です。


ハウスメーカー選びと注意点

店舗兼住宅となると、多くが注文住宅になり、建売よりも費用が高くなりがちです。
最初から1社に決めずに、何社か見積もりを取って交渉というパターンが多いようです。価格競合でうまくいけば値引きしてもらえることがあるかもしれません。

見積もりを出すのも、ハウスメーカーや工務店の仕事なので、遠慮せずに、見積もり依頼していいはず。家を建てるのに、30社くらい競合させて住宅メーカーを決めた人もいます。後悔しないように、じっくり選びたいですね。

ただ、自分で工務店へ出向いて見積もり依頼した場合、まれに見積もり料がとられることがあるようです。見積もりは無料のところが多いですが、念のため確認しておくと安心です。

また、まれに、「店舗が建てられない地域」というのも存在します。土地利用の用途が決められている用途地域や、自治体の定めた土地利用の制限については、市役所の建築課に問い合わせると分かります。


注文住宅関連サイト

複数の注文住宅メーカー・工務店から一括資料請求
タウンライフ家づくり


自宅の一部を使っている治療院(リフォーム)


  • メリット・・・家賃が不要、通勤費がかからない、時間に融通がきく

  • デメリット・・・プライベートと分けにくい、そのままだと認知されにくい、自宅外観を常にきれいにしておく必要がある


立地条件が良ければ、賃貸よりも、自宅をリフォームの方がいい場合もあります。

ただ、外観のリフォームをほとんどせず、看板をつけただけ、といったスタイルは、事業成長のスピードが緩やかで、なかなか十分な収入が得られないケースが多そうなイメージです。

私の知っているケースでも、内装はとてもきれいにしているのに、外装が残念な感じのところがいくつかあります。そういうところは、治療院だけの収入では生活を維持できず、副業をしていました。常連さんはついているのに、新規が少ない傾向がありました。

新規の患者さんは、外観の見た目も気にします。
自宅開業の場合は、専用の入り口を作ったり、外壁をリフォームできれば、集客面でも効果が上がります。この辺は、予算との兼ね合いがありますが、なるべく手を入れたいところですね。

ところで、住宅ローンを支払い中に住宅の一部をリフォームする場合は、融資金の繰り上げ返済を求められるケースがあります。住宅ローン契約中の場合は、一度、契約内容を読み返してみてください。

リフォームするときの注意点

リフォームする時に気を付けたいことは、口約束だけで工事をすすめないこと。
見積もりや契約書がなくて、後から問題になるということがリフォームでは少なくないようです。
口約束だけでも、法律では効果があるとなっているようなので、あらかじ書面で提示してもらい確認しておきましょう。

また、内装やリフォームの代金が1500万円以下、延べ面積が150㎡以下の場合は、特別な資格がなくても工事を請け負うことができるそうです。一級建築士師などの資格を持っているか、業者の資格の有無を確認しておくと安心です。

リフォーム関連サイト

大手リフォーム会社の資料請求
ベスト@リフォーム

匿名・電話番号不要で資料請求できる
オウチーノリフォーム

総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト。LIFULL HOME’Sの独自審査を通過した会社に無料で匿名で相談可能
LIFULL HOMES リフォーム会社紹介サービス



参考記事:→外装・内装工事をする時に気を付けること



自宅の一部を使っている治療院(リフォームなし)


  • メリット・・・費用がかからない

  • デメリット・・・認知されにくい、集客しにくい


リフォーム無しは、少数派ですがいることはいます。

既に、常連さんがついている人でしたら、この形でもいいのかもしれません。

私の知り合いでも、玄関に近い一室を、何も手をかけずに、施術スペースとしていて、外見は普通の一軒家ってところがありました。看板が玄関に出ていましたが、初めての人には、ちょっと入りずらい印象。だけど、結局、この治療院は、その後、新築で家を立て直して、治療院スペースも新たに作っていました。


実店舗なし、訪問のみ


  • メリット・・・自宅を事務所とすればOKなので、費用があまりかからない

  • デメリット・・・認知されにくい



店舗を構えない場合は、フランチャイズの訪問マッサージや、複数の鍼灸マッサージ師で契約・構成している訪問マッサージをやっている事業もあります。そこに所属しながら、自分で独自に訪問施術をするという方法もあります。


うちの場合~考え直して賃貸物件で開業


私達が開業する時、はじめは、家の敷地内の別棟を使う計画でいました。
別棟は、部屋は古くて狭いのですが、元々、人に貸していて、キッチンやトイレなどもあるので、お金がかからないでいいかな?と思ったからです。ただ、古いので、リフォームなしでは無理な物件でした。

最初は、そこで開業するつもりだったのですが、立地条件がネックになって、店舗を賃貸で借りて開業することになりました。

と言うのも、当初予定していた場所は、周りは民家や田畑ばかりで、目印になるような店舗や建物が近くにないところだったのです。しかも、車が1台やっと通れるくらいの細い道を入ったところにあって、初めての人は、場所が分かりにくいのです。

地図があっても分かりにくい場所なので、例え低予算で開業できたとしても、集客しにくく、長い目で見るとよくないのかもしれない・・・
という不安がぬぐいきれなくて、結局、他の場所に店舗を借りて開業することにしました。

店舗として選んだ場所も、周りは田んぼや山がよく見えるド田舎の環境ですが、車通りの多い道に面していて、周りにも目印となりやすい建物などが近くにある場所です。

賃貸物件になってしまったので、家賃を毎月これから何十年も払い続けなければなりませんが、集客しにくいところで、閑古鳥がなく状態が続くようでは、生活が不安過ぎますし・・・。
今となっては、店舗を借りて良かったと思っています。

私の場合は、自宅の立地条件があまりにも最悪だったので、賃貸物件での開業となりましたが、よい立地にある自宅なら、そこで開業もありかなと思います。

賃貸物件は、家賃があるとなしでは、かなり利益が変わってくるし、この辺の見極めが難しいですね。





スポンサードリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

利用してるサイト

鍼灸用品が買えるショップ

備品とか色々・・・

  • Amazon
  • 送料無料なので利用しやすい。インクプリンタなどOAサプライ品は安くていつも利用しています。

  • 楽天ブックス
  • 送料無料で本が注文できます。
  • Fujisan.co.jp
  • 医学系の本・雑誌ならここ。他にはない本や雑誌があります。

文具・日用品など

私はカルテ関連品をアスクルで買っています。1,000円以上送料無料です。

チラシ・名刺印刷など

チラシや名刺印刷が安い。WordファイルでもOK。
公式サイト→ラクスル

→ラクスルチラシの記事
→ラクスル名刺作成の記事

院内インテリアや家具系

パーテーションはここで買いました。安くて良いもので気に入っています。


新規客を無料集客

無料で店舗が登録できる口コミランキングサイト。知り合いのツテじゃない初めてのお客さんはエキテン経由でした!以後も継続的に新規のお客様が来ています
→エキテンの紹介記事はこちら

ホームページ作成

簡単・低コスト。ブログ感覚で、簡単にホームページが作れるサービス。
→グーペの紹介記事はこちら

よく読まれている記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

サイト内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: