記事一覧

予約の取り方

スポンサードリンク
開業したてで、いきなり予約が殺到する治療院は、あまり多くないと思います。
うちも当然のように、開業したての時は、予約表はスッカスカ。
たまに、予約の電話がかかってきたら、どの時間でもOKですという状態でした。

最初のうちは、相手の希望時間に合わせて予約を入れていたのですが、だんだんと忙しくなってきたら、相手の希望時間ではなくて、なるべくこちらの希望の時間に予約してもらうように切り替えました。

何故かと言うと、例えば、患者さんの希望に合わせて予約を入れて行った結果、午前中は空いているのに、午後はビッチリ埋まってしまったとすると、その日の午後に、当日予約の電話がかかってきても、いっぱいですと断らなくてはならない状況になってしまいます。

体がつらくて治療院に来る方の場合、「今日して欲しい」という方が結構います。夕方に、「今からお願いしたい」という電話がかかってくることもあります。

なるべく早い時間から予約を埋めていくと、とりこぼしが少なくてすみます。
患者さんの中には、「どうしてもその時間でないと行けない」という方もいますが、「午前中でも午後でもいいけど、これくらいの時間だとベストかな」くらいの感じで考えられている場合もあります。

なので、こちらから空いている時間で一番早い時間帯を先に提案してみることが、予約の埋め方としてはいいのかなと思います。
スポンサードリンク
関連記事

こちらの記事もどうぞ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

スポンサードリンク

よく読まれている記事

スポンサードリンク

月別アーカイブ

サイト内検索

PR

スクール情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: